ゴールデンウィークもフードコートで働く私。退屈なバイトを終え、隣のお店に勤める男の子と遊びに来たカラオケボックスで・・・。

ゴールデンウィークもバイトで忙しい私は、職場のフードコートで楽しそうに過ごす家族連れやカップルを見るたび、ため息が漏れてしまう。「たまには気晴らしに行こうよ。」そう言って誘ってくれた隣の店のバイト君と、カラオケボックスで・・。隣の部屋に声が漏れないかな?ドキドキしている私を彼が優しくリードしてくれて。―ミルキー専属作家、七緒さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。