彼には彼女がいる。分かっていた、だけど…抑え切ることなんてできなくて… (ページ1)


にわか雨が降った後のアスファルトの臭い…

あの頃を出して泣きそうになる。


初めての独り暮らし。

うるさい親から離れて思い切り羽を伸ばしていた。


大学で知り合った佳代から

「理美さぁ~バイトしない?」

とメール。

佳代のバイト先の系列の焼肉屋で人手が足りないとか。

「する~ちょうどバイトしようと思ってたとこなんだよね~」

「ほんと?助かる!じゃ、明日夜10時に面接ね」

え?夜10時?
携帯の画面を何度確認してもそう書いてある。

しかもよく考えたら焼肉屋。
髪とか服とか臭いつくじゃん。

後悔したけどもう遅い。


* * * * *


面接。ちょっと頼り無さそうな店長。

「時間は夜10時から午前3時まで。帰りは危ないから基本俺が送ってく」

「でもわたし緑町なので自転車で来たいんですけど」

「なら、送りは渉な」

そう言って紹介されたのが初めての出会いだった。


* * * * *


「お前今日もチャリなの?」

「うん、雨降んなくてよかった~」

そう言っていつものように原付に乗った渉の肩につかまる。

「「しゅっぱぁ~っつ」」

明け方のハイテンションで原付と並走していると突然のにわか雨。

「コンビニに避難しようぜ」

「冷ったぁ~い」

少し濡れても午前3時だ。体が冷える。

「焼肉臭ぇし、雨臭ぇ」

わたしの髪を無造作に掴んで言うと

「寒ぃんだろ?家寄ってけ」

確かにここからだと渉の家の方が近い。

躊躇していると

「何もしねぇよ。俺彼女いるしな」

前のページ

/4