「俺も限界…」出張から帰ってきた彼氏を出迎えたらそのまま押し倒されて―

出張先から帰ってくる彼のために、夕飯を作っていたら「ただいま」の声がした。私は久しぶりの再会が嬉しくて、そのまま彼の胸に飛びついて出迎えたら―。「ご飯にする?」すら言わせてもらえない、寂しさと愛情が爆発して一切余裕のない彼に胸キュンしちゃってください(∀)ミルキー専属作家、神野優子さんの初作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。