強く濃く叶わぬ想いをぶつけるようにキスマークを付けあって…禁断の愛

強く濃く叶わぬ想いをぶつけるようにキスマークを付けあって…禁断の愛 イメージ画像

私は決して口紅の痕一つ、彼のスーツやシャツに皺を付けることすらも許されない。それでも2人きりになれば熱くて甘いひと時を過ごせる。今夜も、この暗黙のルールは破られないと思っていたのに―。彼のある一言で今まで我慢していた独占欲は開放される。そしてそれは連鎖するように…。華寅まつりさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます