私、胸を吸われてる?!眠っていると姉の彼氏に胸を愛撫されていて…。 (ページ2)

(え?)

膝を開かれ、クルミの秘部が修吾の前に露わになる。

「もうビショビショだよ。寝てるのにエッチだなぁ」

(嘘、まさか…)

修吾はクルミの秘部に唇を寄せ、卑猥な蜜音を立てながら吸い付いた。

「…っふぁっ!」

クルミは軽く背中を浮かせてのけぞる。

身をよじって、修吾の舌から逃れようとするが、太ももをつかまれて動けない。

「クリも勃起してる」

そういって舌先でチロチロとクリをくすぐられ、強く吸われる。

「…っん…っ」

ピチャピチャと響く音と、自分の抑えきれない喘ぎ声で姉が起きるのではと、背徳感と快感でおかしくなりそうだった。

「…っん!…っはぁ」

クリを愛撫しながら、秘部に指を挿れてかき回され、クルミはまた絶頂を迎えた。

さっきより激しく身体を痙攣させて達する。

「まだ寝てるの?俺ももう我慢できないから、挿れちゃうよ」

(嘘っまだイッてる途中なのに…)

思わず制止の声を上げようとしたクルミだが、修吾の男根を秘部が受け入れる方が早かった。

「あぁっ!…んぅっ」

「うわっ超きつい。動くとすぐイキそうでヤバ」

(うぅ…入っちゃった…)

修吾は深呼吸をすると、ゆっくりと腰を動かし始めた。

(修吾さんの、硬くて大きい…)

(ダメなのに…すごく気持ちいい)

「…んっはぁ…っ」

下唇を噛んで声を抑えようとするが、もう頭にもやがかかり、どうして声を抑えないといけないのかわからなくなる。

クルミはそっと薄目を開けて、修吾の顔を見た。

冴えない眼鏡をかけて野暮ったい印象だったが、荒い息遣いをしながら腰を打ちつけてくる修吾は色っぽい。

クルミは修吾の律動によって、また波が押し寄せてくるのを感じた。

「やぁ、あぁっ…またイっちゃうぅ」

「俺ももう少しで…イくっ」

修吾は切なそうな声で言うと、腰の動きを早めた。

「嘘ぉ、やぁっ…あぁんっ…」

クルミの秘部がキュっと締まり、修吾の男根を締め付けた。

「…ぅうっ」

修吾がうめくように達したのがわかった。

果てた修吾が、気だるそうにクルミの上に覆いかぶさってきた。

クルミは思わず顔を背ける。

(修吾さんがこのまま眠ってくれたら…)

身体の関係を持ってしまったことで、クルミは修吾を意識してしまっている。

(もし修吾さんが夢だと思ってくれれば、私も…無かったことに…)

「ねぇ、起きてるんだよね?」

耳元で修吾の声がして、クルミは思わず肩をすくめた。

修吾はクスリと笑うと、クルミの耳を舌先でなぞる。

「もう一回しようよ。クルミちゃん」

(…そういえば、修吾さんはお酒がすごく強いって…前にお姉ちゃん言ってたっけ…)

クルミは後戻り出来ない深い沼に沈んでいくような気持ちで、ゆっくりと修吾の方へ顔を向けた。

- FIN -

/2

次のページ