雨が降っていたあの日、私は人間のペットを飼い始めました。

ゴミ捨て場に座り込んでいた彼。気がつけば彼の手を取っていた。なんでも言うことを聞いてくれる彼だけど、知りたい事はぐらかされ…。イライラしてつい「足舐めてって言ったら舐めるの!?」と言葉をきつくして言ってしまった。涙が滲みかけたその時――、「舐めるよ」と声が聞こえた。―ミルキー専属作家、富福さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。