はじめての性感開発。そんなに優しく揉まないで……。彼から受ける深い快感。

彼と付きあって3回目のエッチ。処女を失くしたばかりの私はまだまだエッチの良さがわからなくて、彼は満足できないみたい。私の性感開発をすると言って真面目な顔でエッチな講義を始めちゃった。最初はおかしくて笑ってたけど、だんだん不思議な感覚を覚え始めて。私の体、なんだか変になっちゃう。―ミルキー専属作家、王林さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。