「久しぶりだな!」そう言って笑顔を寄越す先輩が私を連れて行った先は…

社会人になった今でも仲良くしてくれる大学の先輩。先輩の笑顔に癒やされたのも束の間「部屋、取ってるんだ。」なんて言われて…かつて一度は好きになった人。結婚したと聞いてその気持ちにもキリが付いたと思っていたのに―ミルキー専属作家、繭さんの作品です(∀//)

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。