久しぶりのデート、セックス……今夜はもう帰らないから、思い切りイかせて

久しぶりのデートでひたすら身体を求め合う私達。ソファで、お風呂場で、ベッドで。それでも足りずにもっともっと彼を感じたい私は、いつもなら恥ずかしくて言えないようないやらしいことも言ってしまう。彼にも私をたくさん感じてほしいから。だから、早く挿れて…。―ミルキー専属作家、minorinさんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。