差し出されたプレゼント。大きなくまのぬいぐるみに喜ぶも、目を疑うモノが付いていて…

「これ、プレゼント」そう言って手渡された大きなくまのぬいぐるみ。とっても可愛いのだけれどお腹のあたりに…卑猥な…造形。サディスティックに微笑む彼とフワフワのぬいぐるみに挟まれた私の身体は易々と果てまで飛ばされた―ミルキー専属作家、汐さんの作品です(><//)

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。