「まさか俺を食べるってキスで終わりなわけないよな?」酔った彼女への反撃

帰宅してみると、そこには際どい格好でベロベロに酔っ払った彼女の姿。しかもかなり積極的な色仕掛けをしてくるから、好きにさせてたんだけど…。「気持ちいいかって聞いてんだよ!」彼の理性をぶっち切ったからには、責任取らなきゃね?(∀w)ミルキー専属作家、柊ななさんの男性視点のお話です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。