セックスの相性が悪いなら私が変えればイイじゃない!!今日は彼を襲います

私の彼は年下だけどしっかりしていていつもリードしてくれる。それはセックスの時も同じで…。好きだから言い出せないセックスの悩み「少し痛い…」の一言。彼を傷つけずに伝える方法、と彼女が考えたのは――。今日は私が彼をリードする!!大好きな彼に自分の好みのセックス知って欲しくて、頑張って彼を焦らし襲います。―ミルキー専属作家、津本さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。