再会してしまった彼と過ごす甘い痺れと虚無な痛み

懐かしい痛み…昨日の夜は埋まっていたハズの心の穴がまたポッカリ。一年前に終わった関係――遠く離れた家族のもとへ帰った彼が目の前に現れるなんて。優しい声、大きな手、彼の温もり…。でも私たちには身体の関係以上のモノは何もない。―ミルキー専属作家、Maggieさんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。