突然メイド服を着せられて…イキたいのにイケない焦らされエッチ (ページ1)


『ほら、かわいいえっちなメイドさん
おねだりは?』

「隼のミルクほしいよ..」

『どこに?』

「ここ..」

下に手を伸ばしてゆっくり開く

ナカに空気が触れてすうすうする

___________気持ちい

『こら、ぱくぱくしないの』

つんつんと割れ目を指でつつく

「隼の隼の...ほしいの...」

「もう、とろとろなっちゃって...」

チュパ.....

『まずはおれの舌だよ?』

チュクチュク...

わたしの割れ目を子犬がミルクを舐めるように舐める

時々妖艶にわたしのほうに視線だけを向ける

.....本当は、もう我慢できない