好きな人が、女の子をナンパしている姿を目撃してしまった夜。失意の私を体で慰めてくれたのは、イケメンDJ。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。

milkyに掲載の小説は当サイトが契約した作家によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

好きな人が、女の子をナンパしている姿を目撃してしまった夜。失意の私を体で慰めてくれたのは、イケメンDJ。 (ページ 1)

バイトが終わった後、私は友達に誘われて、久しぶりにクラブに遊びに来た。偶然、好きな人が遊びに来ていたので、少しドキドキしながら、声をかけると、気さくに挨拶をしてくれて嬉しかった。

暫くお喋りしてから、フロアで踊って、バーカウンターに戻ると、彼が女の子に声をかけていた。いつもより酔っぱらった様子で、しつこく女の子をナンパしている。女の子の方は、嫌がって帰ろうとしていたが、それでもしつこく声をかけている。

酔っているとはいえ、今まで誠実な人だと信じていただけに少しショックだった。彼に、ナンパされた女の子に嫉妬している自分も、惨めったらしくて何だか嫌だ。

気を紛らわそうとカクテルを手に、フロアに戻り、DJの明人君にカミラ・カベロの「havana」をリクエストした。ラテン系の音楽で、思いっきり踊った後、ソファで休んでいると、プレイを終えた明人君が声をかけてきた。

「楽しんでもらえた?」

「うん。すっきりした。」

「何、それ?ストレス溜まってるの?」

「実は、さっきね・・。」

私は、明人君に好きな人がナンパしていたことを話した。

「じゃあ、気分転換に外に散歩でも行かない?」

明人君に連れ出され外に出た私は、酔っ払って彼にもたれかかった。そのまま私は、明人君の手を握ると、小さい子どもように彼にせがんだ。

「ねぇ、ホテル行こーよ。」

「好きな彼のナンパしてるとこ見て、ヤケになってるでしょ?」

「バレちゃった?」

「バレバレだよ。」

「はは・・そっか。」

「俺で後悔しないの?」

「んー・・・。少し彼に仕返ししたい気分だから。っていっても、片思いだから、彼は何にも困らないだろうけどね。」

「俺の気持ちはどうなちゃうのかなー・・・」

「え?」

「いや・・・何でもないです。じゃ、キスしていい?」

深夜で人通りが少ない路地で、私たちはキスした。明人君の首に手を回すと、彼は、私の腰を抱いて、口の中に舌を入れてきた。唇を離すと、明人君は真剣な顔で私の目を見つめて尋ねた。

「ホントにホテル行く?」

「いいよ。」

優しい目で私を見る明人君の瞳を見つめていたら、いつの間にか、ナンパしていた彼へ仕返ししてやりたい気持ちが消えていた。明人君に自分が大切に扱われていると感じて、本気で彼の身体に身をゆだねてみたくなった。

蒸し暑いホテルの部屋で、明人君は、ベッドの脇に座った私のハイヒールを脱がせると、額にそっとキスした。少し酔いが冷めてきた私は、明人の肩に手を回して、自分の方に引き寄せた。

そのままベッドに倒れ込んだ私たちは、唇を重ね合って、お互いの身体の感触を確かめ合うように、抱き合った。

上背がある明人君は、私の身体を包み込むように、覆いかぶさってきたかと思うと、私の首筋に唇を這わせた。明人君の長い指先で、私のシャツのボタンが外され、胸が露わになった。完全に酔いが冷めた私は、今更ながらに恥ずかしくなり、顔を赤らめた。

「理美ちゃん、ここまで来て恥ずかしいの?酔いが冷めてきたんだね。」

明人君は私の心を見抜いたように、クスッと笑うと、私の胸に顔を埋めた。

「あっ・・・やんっ・・」

「理美ちゃんの声、可愛い。」

明人君は、ポケットからスマホを取り出すとDJのアプリを起動して、私の胸の谷間に置いた。スマホのバイブが明人君の流す曲のリズムに連動して、私の胸で小刻みに震えた。

「んっ・・・ああっ・・・あっ」

「俺の音、どう?気持ちいい?」

「んっ・・・はぁ・・」

「あんな、ナンパ君より、俺の方がいいでしょ?」

そう言いながら、明人君はスカートの中に手をいれて、ショーツの上から私の秘部をなぞった。

「やっ・・・明人君・・。」

「理美ちゃんのここ、こんなに濡れてる。ここまで来たのは、本当に彼への当てつけ?」

明人君の指がショーツの奥へと伸びて、膣の奥深くへと挿し込まれた。

「あっ・・。やぁ・・・。」

明人君の指は、膣の中でまるで生き物みたいに動いて、私を快楽へと導いていく。

「俺の指、そんなに気持ちいい?」

長い指で膣の中を掻き回しながら、明人君は、私の耳元で囁いて、更にスマホのバイブを強くした。

「ああっ・・・んんっ・・・明人君、ダメ・・・。」

「何が、ダメ?俺の音、気持ちいいでしょ?」

明人君は乳首の先端にスマホを当て、身をよじらせる私の身体を抱き起すと、自分の腰の上に座らせた。

「ああっ!!」

私の身体の奥に、明人君のペニスが突き立てられた瞬間、スマホがベッドの脇に落ちた。床で振動しているスマホに気を留めることもなく、明人君は、私の中で上下に激しく腰を動かした。

「あっ・・・明人君・・やっ・・そんな急に・・・激しく。」

「俺、前から理美ちゃんのこと・・・」

「え?あっ・・・あんっ・・やっ・・ダメ。いっちゃうよ。」

私の額から汗が流れ出て、胸元をつたっていく。明人君は、腰を動かしながら、私の胸につたった汗をペロリと舐めた。そのまま私の胸に顔を埋め、背中に手を回すと、一瞬腰の動きを止めた。

「・・・明人君?」

「俺、理美ちゃんのことが好き。」

「明人君・・・」

彼の真っすぐな気持ちが嬉しくて、私は彼の頭を抱き寄せて額にキスした。

「ねっ・・・一緒にいこう」

「理美ちゃん。」

明人君は、再びゆっくりと腰を動かし始めた。先ほどまでの激しい腰の動きとは打って変わり、お互いの身体の感触をじっくりと確かめあうように、私たちは交わった。

「理美ちゃんのなか、あったかい。」

そう言って、私の肩にキスした後、明人君は再び腰の動きを早めて、激しく私を突いた。

「あっ・・・やっ・・・はぁ・・・はぁ・・・・・。」

私は、明人君の激しい腰の動きに耐え切れず、思わず彼に肩にしがみついた。

「ああっ・・・やっ・・・熱い・・・奥まできちゃうよ。明人君の・・。あっ!!」

明人君は、私の身体をしっかりと抱きしめると、膣の中に自らの熱い液体を放った。

私の身体の中に明人君の精液が放たれ、ゆっくりとペニスが引き抜かれた。

「あっ・・んっ・・・。明人君。凄かった。」

私は、ベッドに身体を横たわらせると、彼の頭を自分の方に引き寄せて、そっと口づけした。

明人君は、床に落ちたスマホを拾い、アプリを起動すると、ゆったりとしたレゲエの曲を流し始めた。

私たちは、ベッドにもぐりこんで心地よい音楽に包まれながら、朝まで手を繋いで眠った。

-FIN-

この作品が良かったら「いいね!」しよう

1

コメント (0)

コメントを書く