鏡の前で茂みを失ったソコを愛撫されて…潮を吹いても責め続けられる絶頂エッチ

彼の一言で、私は人生初のいわゆるパイパンにした。そして羞恥を助長しかしないベビードールを着て彼の前に立てば―。「綺麗だから、もっと見ていたい。けど我慢できない」気を失うまで責め続けちゃうくらい、興奮MAXで余裕のない彼に愛されちゃってください(//△//)ミルキー専属作家、紗那さんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。