胸を責められながら、彼の太ももにアソコを擦りつけて……。抱き合いながら自分から挿れた

二人で鑑賞した映画のラブシーンと同じ行為をしてみた。思った以上に興奮して、積極的になっていく私。自分で挿れて腰を振って……恥ずかしいのに止められない。最後は彼にも揺さぶられて、ただ啼くことしかできなかった。―ミルキー専属作家、minorinさんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。