不感症でセックス恐怖症私。だけど、幼なじみの彼の優しさで克服しました。

私と幼なじみの彼は付き合って半年の、仲の良いラブラブカップル。でも、私はまだ彼とセックスしていない。何故なら、私は不感症でセックス恐怖症だから。でもある日、彼を拒んで傷つけてしまった。このまま彼を失いたくないと、勇気を出して告白した私を、彼は優しく受け入れてくれた…。そして私は本当の気持ちよさに気が付く…。―ミルキー専属作家、kanaさんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。