ソファに座らされて…愛情たっぷりクンニでクリトリスを責められちゃう

「女の匂いがする…」恥ずかしがる私を尻目に、彼は下着を下ろしてクリトリスを口に含む。…でも簡単には動いてはくれなくて。もどかしく思っていると、唐突に始まるついていけないほどの快感に私の頭は真っ白になっていく―。絶妙な緩急と、彼の甘いセリフに身も心も昇天しちゃってくださいっ!!ミルキー専属作家、ほのさんの初作品です(∀)

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。