片思いのイケメンBAR店員と?!まさかの展開で翻弄されっぱなし

密かに恋焦がれているイケメンBAR店員に会うためお店へ通う私。でも彼は今、全く恋愛に興味がない…。酔った勢いで出た独り言「一度でいいから彼に抱かれてみたい…」それが彼に聞こえてしまい――。彼はあっさりOKを出し、今二人でホテルに居るのだけれど…。ヤバイ、緊張してきちゃった!!―ミルキー専属作家、津本さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。