人混みを離れて連れて来られた海。花火の音に隠れて……

「こんな脱がせやすい格好して…俺を誘ってんの?」そう言ってゆっくりと彼の顔が近付いて来て…ダメだと分かっていても火照った身体は反応してしまい……―ミルキー専属作家、柊ななさんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。