マッサージ中に眠っていたらもどかしい愛撫が始まっていて…泣いてしまいそうな幸せ

マッサージ中に眠っていたらもどかしい愛撫が始まっていて…泣いてしまいそうな幸せ イメージ画像

昔から仲良しで大好きな近所のお兄ちゃん。彼がリラクゼーションサロンを開業してからというもの、私はほぼ毎日仕事帰りに通っている。でも今日は、いつもと違ってパンツスーツではなくスカートで来たんだけど…。「下着なんか見ても何とも思わないよー 幼稚園のときから知ってるんだから」なんて、一切異性として見てない発言をしたくせに。ねぇ、なんで敏感なソコをそんな触り方するの―!?ミルキー専属作家、美々さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます