初めての絶頂に導いてくれたのは、気になる彼。エッチな言葉責めと愛撫にハマる夜 (ページ1)

「えぇっ、ミサキ、イッたことないの?」

「しーっ、先輩、声が大きいですってば!」

私は焦って先輩の口を手でおおった。

休憩中とはいえ、ここは会社のオフィス。

こんな話を誰かに聞かれたら、恥ずかしいじゃすまない。

私は、エッチでイッたことがない。

これまで付き合った人は多くないけどもちろんいるし、エッチは気持ちいいと思う。

でも、イッたことないし、イキ方がわからない…。

男性経験が豊富だという女の先輩にそのことを告白すると、先輩は、

「かわいそう…」

って…かわいそうって何!?(笑)

「女に産まれて、あんな気持ちいい思いしてないなんて、もったいない」

社内一のセクシーと評される先輩は、男性からの引く手数多で、特定の恋人はいないけど、セフレは何人かいるらしい。

だから思い切って相談してみたんだけど…。

「まぁ、自分が集中できるのかも重要だけど、相手次第だけどね。ねぇ、ジュンヤ」

たまたま私達の前を通りかかった同期のジュンヤに、先輩は突然話しかけた。

「何の話っすか?」

「ううん、ジュンヤには関係ない話!」

焦りまくってそう誤魔化す私。

「はぁ?感じ悪。ミサキ、今夜行ける?」

「うん、大丈夫。いつものとこでね」

「じゃあ後で」

立ち去るジュンヤを、手を振って見送った。

私はジュンヤに片思いをしている。

大学からの同期で、定期的にサシ飲みするくらい仲が良くて、今夜だっていつものお店で2人で飲む予定だ。

でも、まだ告白はしてない。

友達関係を壊したくなくて、勇気が出ない。

「こーんなに仲良いのに、ジュンヤと付き合わないの?」

そういう先輩に私は言った。

「大事すぎる友達なんです」

「ミサキ、水」

そう囁いたジュンヤが、口に含んだ水をキスしながら飲ませてきた。

「んぅ…」

喉がカラカラで、ジュンヤに抱きついてそれを飲み干す私。

えっ…?ここは…?

ハッとして周りを見渡すと、どうやら街にあるラブホテルみたい…。

「えっと…」

ベッドの真ん中に座る私、その隣にいるジュンヤ、とりあえず2人とも服は着てる。

「覚えてない?いつもの店を出た後、ミサキがここに入るって言ってきかなかったんだよ」

そう言って、ジュンヤが覆いかぶさってきた。

「ちょっと待って、ジュンヤ!どういうつもり?!」

「どういうつもり?聞きたいのは俺の方だけど?先にキスしてきたのはミサキだろ」

ジュンヤは、服の上から優しく胸に触れてきた。

前のページ

/4