「流石にもう、隠せないんだけど」頻繁にノートを借りにくる彼の悪いところ

「流石にもう、隠せないんだけど」頻繁にノートを借りにくる彼の悪いところ イメージ画像

成績は中くらい。そんな私の元へ、ことあるごとにやってくる学校でも評判の素直で真っ直ぐな男。呆れながらも友人だから付き合ってやっていたら―!?「嫌なら、やめるから」「俺のこと、そんな風に見れない?」ほんの少しの強引さをみせたかと思えば、すぐに私の反応や言動を察知して尊重してくれる。でも一度想いを受け入れたら…!静止の声なんて聞こえない、彼のまとう色気や艶かしさにきゅんきゅんしちゃってください(//△//)ミルキー専属作家、九十九さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます