久々に参加した同窓会で再会した男友達のはげしさとやさしさの二重奏に翻弄される

久々に参加した同窓会で再会した男友達のはげしさとやさしさの二重奏に翻弄される イメージ画像

熱いシャワーを浴びていたら、ズカズカと乱入してきた彼に後ろからしぶきごと抱きしめられる。戸惑いながらもちょっとした反論を返せば「やっぱ可愛くねぇ。でも可愛い。オマエだから可愛い。」甘いあまい言葉が返ってきて…。「オマエが気持ちいい証拠、つけて」外側から、内側から、彼は荒々しくもやわらかに私の欲望へと火をつけていく―。ミルキー専属作家、繭さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます