じわじわと焦らされて最高の快感を与えるスローセックス (ページ1)

 ――最近、マンネリ気味な気がする。

 悠人と付き合って三年。何度エッチしたかわからない。
 付き合ったばかりの頃は、手に触れるだけでドキドキしてエッチどころじゃなかった。やっと悠人と繋がることができた日はものすごーく幸せで気持ちよくて、今でも覚えている。
 少し慣れてきたらコスプレエッチしたりオモチャ使ったり、マニアックなプレイもしてみた。
 どんなキスをするか、どんな順番で触れられるか。もう全部知りすぎている。週に一度、習慣のような感じでエッチをこなしている状態になった。初めてした頃のように興奮して仕方ないとか、早く入れて欲しいとかも無くなってしまった。

 悠人も私も、シなくてもいいか……なんてお互いになんとなく思い始めてから半年経ってしまった。
 セックスレスなんて他人事だと思っていたけど、こんなに簡単になってしまうんだ。

 このまま自然に恋人関係が消滅してしまうんじゃないかな。
 と、不安に思っていたある日のこと。
 悠人からある提案をされた。

「スローセックスをしてみない?」

 私は二つ返事で頷いてみた。

 スローセックスとやらで関係が少しでも改善されるなら、やってみても良いと思った。

 一日目。
 裸で抱き合うだけ。
 スローセックスというのは五日間掛けて行うものらしい。それでも挿入は五日の内の最終日だけらしいから、今の私たちにはおあつらえ向きだ。
 裸で抱き合うだけでエッチをしないなんて新鮮で、少し緊張してしまった。
 悠人の方は少し反応してしまっていたけど、気づかないふりをして眠りについた。

 二日目。
 今日も裸で抱き合う。
 悠人は昨日よりも過敏な反応をしてみせた。熱い体温に抱き込まれ、なんだか緊張してしまう。少し高鳴る鼓動を感じながら眠りについた。

 三日目。
 なんだか私までシたくなってきてしまった。悠人にうつされたみたいに、体温が高まる。鼓動と息づかいが共鳴するように体を巡る。
 肌が普通の時よりも鋭敏になり、こすれる悠人の肌の動きをくまなく受け止めた。

 四日目。
 ただ抱き合っているだけなのに濡れてしまった。
 向かい合っていると変なことを口走ってしまいそうなので、後ろから抱きしめてもらった。
 お尻に硬いものが当たる。
 シたい……。
 ソレでナカを掻き回して欲しい……。

 五日目。
 とうとう最後までする日が来た。
 心臓がばくばくと高鳴り、身体中に熱がともるのがわかる。
 一日中このことしか考えられなかった。こんなにエッチに期待しているのなんていつぶりだろう。

前のページ

/3