イかせる気のない愛撫で翻弄される意地悪でドSな新婚エッチ (ページ1)


「っっん、っや!」

え、私の声?って思うくらい自分の声にまでゾクゾクした。

礼くんが控えめな私の胸をすくい上げて、そこに出来た谷間にキスをおとす。

そこだけじゃ飽き足らず、私の首にも、肩にも、背中にも、たくさんキスをする。

でもそのキスがなんだか焦ったくて…
胸の先っぽにも、してほしいの!

「どうしたの?澪、物欲しそうな顔して。」

礼くんが意地悪く笑う、本当は分かってるくせに。

「い、意地悪しないでぇ」

快感に耐えれなくなって思わず涙声になる私。

フッと笑って礼くんが、紅く色づいた先っぽを口に含んで、舌でコロコロ転がしたり、ひっぱったり、

「これで満足?」

挑戦的に笑う彼と厭らしく光る私の左の乳首。

「右も、右も」
「右も?なにが?」

また意地悪く聞く彼に、うわ言のように右も、を連呼していたら、ようやく右の果実にも口づけしてくれた。

「ね、おっぱいだけでいこっか?」

彼の甘美な吐息交じりの声が聞こえてきて、気づいたら執拗に胸を責められる私。

前のページ

/4