高校時のライバルと再会し、おしゃべりだけでは足らずにホテルで後ろから貫かれて……! (ページ2)

「……いいのか?」

「うん……」

 莉緒は直人を引き寄せた。

 直人の唇が首筋から鎖骨のあたりをなぞると、莉緒の背筋にぞくぞくするような快感が走る。莉緒はうっとりとした吐息をこぼした。

 乳房が彼の手に包まれた時は、思わず息を飲んだ。はじめのうちは遠慮気味だった手の動きが、しだいに大胆になっていく。少し強めにギュッとつかまれ、つい声が出てしまった。

「ごめん、痛かった?」

「ううん、違うの。痛かったんじゃなくて……」

 感じちゃった、と消え入りそうな声で告げると今度は両手で胸を揉まれた。

「は……んぅ……」

「やわらかいな……」

 胸を揉まれる刺激に、乳首はもうとっくに硬くなっている。もどかしく、切なくうずくそこを直人の指先で転がされた。

「あ、あんっ」

 びりびりとした快感に莉緒の背が反る。それは確かに求めていたよろこびだったが、さらなる快楽を欲するきっかけにもなってしまっていた。そんな彼女の気持ちが伝わったのか、直人にもっとも敏感な乳首をキュッとつままれた。

「やんっ」

 すっかり敏感になってしまった胸を揉んだり乳首をもてあそんだりする直人の手を、反射的につかんでやめさせようとする莉緒だが、その手にはほとんど力が入っていない。

 不意に直人は莉緒を起こすと抱き込むように後ろに陣取り、今度は背後から胸を包み込んだ。

「あん……なんで胸ばっかり……」

「この感触は中毒性があるな。ずっと触っていたくなる」

 揉まれ続けた二つの乳房は腫れたように敏感になり、少しの刺激で莉緒をよがらせた。

「んうっ」

 胸だけでイキそうな快感にもだえる莉緒の耳に、直人からのキスが降る。

「あ、あぁ、だめ……」

 新たな官能に自分でも恥ずかしいくらいに甘い声をあげた直後、秘部にびりっと刺激が走った。

 直人が触れてきたのだ。

 そこはもうすでに、とろとろに濡れていた。つぷ、と秘裂に指先が侵入する。それだけで莉緒の脚がピクッと震えた。

「ここも、やわらかいな……」

 直人は感じ入ったように言う。莉緒のお尻には彼の硬くなったものが当たっていた。意識したとたん、彼女の下腹部の深いところがキュンとなった。

 さらに指が入り込んできた時、莉緒が口を開いた。

「ん、あなたばっかり触ってきてずるい……っ」

 お尻に当たる肉棒に触れようと手を後ろにやる莉緒だったが、その手は直人に捕まえられてしまった。

「まあまあ。今日は触らせてくれないか。次からは、いっぱい触ってくれていいから」

「わ、私がさわり魔みたいな言い方しないでよ」

「あはは、さわり魔か。俺は大歓迎だよ」

 だから今日はゆずって、と囁いた直人が、さらに奥へと指を進めてくる。

 クチュ、クチッと膣中で指が動かされるたびに、いやらしい水音が聞こえた。