放課後の生徒指導室。本来なら生徒が指導される筈の部屋、それなのに… (ページ1)


放課後の生徒指導室。

本来なら生徒が指導されるはずなのに、今夜はわたしが指導される立場…


「千星先生、生徒との距離感には気をつけろと言いましたよね」

教頭である利人さんが椅子に座ったまま、わたしを鋭い視線で射抜く。


「はい…気をつけています…」

立たされているわたしは、怯えた顔を向けるしかない。


「では、どうして今回、保護者からクレームが入ったんでしょうか」

「…学校外で男子生徒と立ち話をしたからです」

「ただ、立ち話をしていただけなら、クレームなんて入りません」


そう言われても、本当に他愛のない話をしただけ。

でも、反論したら余計に怒られる。


「千星先生がいやらしい雰囲気を出しているからです」

黙っていたら、無茶苦茶な結論を出されてしまった。


「そんな…出してません」

首をふるふると振って否定する。

「出てますよ」

利人さんが立ち上がり、わたしの顎を指でとらえた。

メガネの奥の切れ長の目が、残酷な光を発している。


「欲求不満だから、そういう雰囲気が出るんですよ」

「すみません…」

「僕が指導するしかありませんね」

利人さんは眼鏡を外し、事務机の上に置いた。


「裸になって机に手をつきなさい」


冷たい声に体が反抗できない。

わたしは素直に服を脱ぎ、全裸で机に手をついた。

前のページ

/4