痴漢に手で口を塞がれ性感帯である首や耳、ナカも一緒に責められるいつもと違う通勤電車 (ページ1)


「あっ……ん」

いつもの朝。
いつもの通勤電車。
そして、多分いつものあの人に、私はお尻を撫でられる。

(はぁ、もぉ……)

柔らかく、優しく。
でも、はっきりとした動作で、まるでボールを掴むように撫でられる。

くすぐったいけれど、嫌いじゃない。
むしろ、可愛がられているみたいで、ひたすらに気持ちいい。
 
(ただ、いつも中途半端でやめられちゃうんだよねぇ)

もっと踏み込んでほしいような、怖いような……。

私は、彼に触れられるとなんだか恥ずかしくなってしまうから、つい下を向いてしまう。

だから顔を見たこともないし、声も知らない。
 
ふと、彼の手がお尻のくぼみのほうへ行く。

「ひゃっ……」

びっくりして、私はつい力を入れてしまった。

ちょうど、彼の手をお尻で挟んでしまう。

それを叱るみたいに、ごつごつした太い指がスカートの中に入ってきた。

ショーツの中に潜り込んでくる。

「えっ……」

私は慌てて足を閉じたが、もう遅い。
お尻から、指は前へ前へと。
しっとりと湿ったアソコを武骨な指で撫でられて、顔が赤くなるのを感じた。