私、胸を吸われてる?!眠っていると姉の彼氏に胸を愛撫されていて…。 (ページ1)

『クルミの胸、小ぶりだけど形が良くて可愛いね』

『やだ、恥ずかしい。そういうこと言わないで、先輩』

先輩はクルミの乳首をそっと口に含む。

『綺麗なピンク色で果物みたいだ。…美味しいよ』

『あぁん!先輩…あんっもっと…優しく吸ってぇ』



「あっ…っん」

クルミは胸に感じた違和感と、かすかな音で目を覚ました。

荒い息遣いと、チュパチュパと何かに吸い付くような音。

そして胸に感じる温かさと、気持ちいいようなムズムズするような感触…。

(え?あたし今、おっぱい吸われてる?!)

すぐに叫び声をあげそうになるが、恐怖で声が出てこない。

(やだやだ、怖いぃ)

職場の憧れの先輩に胸を愛撫される夢を見ていたが、原因はこの状況にあったようだ。

胸を触る手の大きさから、相手は男のようだ。

(どういうことっ…?!)

男はクルミが目を覚ました事に気付いていない様子で、胸にむしゃぶりついている。

はぁはぁと荒く呼吸をしながら、乳首を舌で転がし、口に含んで何度も吸い上げる。

空いている胸は手で揉み、乳首をクリクリと摘む。

「…んぅっ…っ」

クルミは恐怖から眠ったフリを続けるが、執拗な胸の愛撫に声を抑えられない。

思わず溢れた声に、男が胸から顔を上げクルミを見上げた。

クルミは薄目を開けていたので、男の顔がハッキリ見えた。

(え?!修吾さん?!)


修吾はクルミが薄目を開けているように気付かない様子で、またクルミの胸に顔を埋めた。

修吾は、クルミの姉の彼氏だ。

大学の頃からの付き合いが社会人になっても続き、結婚も近いという。

今回も、田舎の祖父母の家へ帰省するクルミと姉に、修吾が付いてきたのだ。

(修吾さん、酒豪のじいちゃんにお酒たくさん飲まされたから酔ってるのかも…。二人の部屋は隣なのに…)

トイレにでも行った帰りに、部屋を間違えたのだろう。

「ふぁっ!」

乳首を歯先で甘噛みされ、クルミは堪らず声が漏れた。

(やだ、お姉ちゃんが隣の部屋で寝てるのに)

姉はお酒が弱く、朝まで目を覚ますことはないだろうが、気が気ではない。

(あっやだやだ、乳首ばかり吸うから…来ちゃうぅ!)

「…あっ…ぅんっ…っ!」

クルミは身体をビクつかせて、イってしまった。

(うぅ…やだぁ)

「起きてる?」

突然修吾の声が闇に響き、どきりとする。

(修吾さん、お姉ちゃんに聞かれたら…)

「寝てるの?お酒飲むと起きないんだよなぁ」

(あ、やっぱりお姉ちゃんと間違えてる)


姉とクルミは背格好も髪型も似ている。

しかも、さっき顔が見えた時、修吾はいつもしている眼鏡を外していた。

(…今、起きたことにすれば大丈夫かな?修吾さん酔ってるし、明日には忘れてるかも…)

絶頂を迎え、混乱する頭でぼんやりと考えていると、修吾がクルミのショートパンツと下着を剥ぎ取った。

前のページ

/2