バイブを挿れながら残業をしていたら後輩が来て―甘い愛撫におちる夜 (ページ1)


ああ、今日も残業だ。
フロアに誰もいなくなったことを確かめて、ため息とともに、こっそりとバイブを入れる。

変態かなあ、でも、こうすると、仕事、はかどるんだよね。

「センパイ?残業ッスか?」

突然後ろから声をかけられてびっくりした。

相沢くん!?

今年度同じ部署にきたコ。
イケメンてほどじゃないけど、笑うととても可愛いコ。

「ああ、うん、まあね。相沢くんこそどうしたの?」

「や、ちょっと忘れ物して・・・センパイ、いつもこんな時間まで?」

「ん?今日はほらコレ、仕上げなくちゃと思ってさ」

相沢くんが画面を覗き込む。

「あー。ありがとうございますっ」

わ、近いよ。
相沢くんイイ香するな。
いや、だめだだめだ、集中しなきゃ。

「あのさ、なんでまだいるの?」

相沢くん、隣の椅子に座ってじっとわたしを見ていた。

前のページ

/5