男子校の問題児10人への補習授業中、弱みを握られていた私は… (ページ1)



私立北大路男子高校の教師になって、もうすぐ2年になる。

毎日毎日、騒がしい生徒たちに囲まれて、忙しい毎日を送ってる。

「若菜先生、さよなら~」

「はい、さようなら」

放課後。
早く帰りたいのに、今から問題児たちの補習授業が残っている。

はぁ…。

大きなため息を一つ。

問題児。
どのクラスにも必ず1人や2人はいるもの。

でも、私のクラスの問題児たちは10人…クラスの三分の一が、そうなんだ。

今からその10人の補習授業…。

はぁ…。
また一つ息を吐く。

私が舐められてるからだめなんだ…。
しっかりしなきゃ。

自分に鞭をうって、教室へ向かった。

前のページ

/8