ジャズバーの青年が酔いつぶれて駄々をこねるから家に連れ帰れば…見透かされる心 (ページ1)


会社の帰りにそのバーに寄るのが、ちょっとした楽しみだった。

「あ、ユキさん!」

ぱっと顔を上げる、サックスの青年。
コウタと出会ってから、もう二年になる。

「今日も来てくれたんですか!オレ頑張っちゃいますよー!」

犬みたい。

バンドのみんなは少し顔を見合わせて、またか、って笑ってる。

弟みたいなこの子がなんだか放っておけなくて、ついつい足を運んでしまう。

こんなに子供っぽいのに、ステージに上がると別人みたいに

かっこいい。

サックスを手にして吹き鳴らす姿に、正直見とれてしまっているのはナイショだ。

その日の演奏も絶好調で、店の客たちは手を止めてコウタの演奏に聞き惚れていた。

演奏が終わって、コウタがこっちへ寄ってくる。

「どうでした、今日のオレ」
「ふつう。まぁよかったんじゃない?」

すなおに言えればいいのに。
どうしても強がって、ちゃんとほめてあげられない。

「ちぇー」

コウタはちょっとふてくされて、モスコミュールを頼んだ。

それで気が付くと、コウタがすっかり酔いつぶれていた。

前のページ

/7