「…覚悟してね?」美容師の手によって美しくも淫らに花開く時 (ページ1)


「ねぇ、そこの君!」

せっかくの休日、ウンザリ気分なのは、この人混みのせいだけではない。

本当なら、この人混みの中を、自分も楽しく歩いていたはずだ。

いつものように、あいつと腕を組んで。

けれど、あいつは、この人混みの中に消えて行った。

一言、「ごめん」とだけ言い、可愛らしい女の子と腕を組んで。

「ねぇ、君ってば、今、時間ある?」

ウンザリ気分に拍車をかけるように、しつこい男の声。

失恋したばかりとはいえ、すぐナンパに応じるほどヤケになってはいない。

「しつこいなっ!」

振り返りざまにそう言うと、やたらお洒落な格好の男性が立っていた。

「ようやく振り返ってくれた」

整った顔立ちで、はにかんで言われると、追い返そうとする言葉の続きが出ない。

私が口をモゴモゴさせていると、彼は名刺を差し出してきた。

「ヒロ…さん、美容師?」

「そっ、俺、駆け出しの美容師なんだ。実はカットモデルを探してて。君、すごく可愛いから声かけちゃった。お願いしたいんだけど、どうかな?」

「はぁ…」

カットモデルか…。
それこそ、失恋してヤケになってるわけじゃないけど、気分転換にはなるかも…。

「…別にいいですけど…」

我ながら、愛想なく答えたと思ったが、

「わぁ、本当!?嬉しいなぁ!」

あまりに素直に喜ぶヒロさんの顔に、今日初めての笑みが零れた。


前のページ

/6