仕事ばかりの彼のお腹に後ろから抱きついて―寂しさ吹き飛ぶ愛で満たされる (ページ1)


「ねえ、義弘」

少しの寂しさを声に込めながら、私は彼の名前を呼んだ。

彼はちらりとこちらを見て、それから視線を画面に戻す。

「もう少しで終わるから」

もう何度も似たようなセリフを聞いたのに、またそんな言葉をかけられて思わず下を向く私。

かちゃかちゃと響くタイプ音が憎らしい。

義弘が仕事熱心なのは付き合う前から知っていたけれど、まさかここまでとは思わなかった。

せっかく休みが一緒になったというのに、先ほどから義弘はPCにかかりっきりだ。

液晶画面が映しているのは何かの論文だろうか、義弘の肩越しに眺めた文章には小難しい単語が並んでいた。

椅子に座った彼の肩を軽く揺すってみても、もう反応すら返してくれない。

小さくため息を吐いた私は、それから義弘の髪に手を伸ばした。

私のそれより硬く、短く癖のある髪はさっぱりとしていてなんだか彼らしい。

指先でつまんだり、くるくると指を絡ませたりしているうちに楽しくなって、少しだけ気が紛れた。

一房つまんだ髪をねじって遊んでいる時、ふとした悪戯心が胸の中に湧く。

咎める声さえないのをいいことに、私は髪に触れていた手をそろそろと落とした。

びくっと揺れた義弘の身体に、思わず口角が上がる。

床に膝をついて後ろから義弘のお腹へと抱きついた私を、流石に義弘としても無視できないのだろう。

視界に映るのは椅子の背もたれだけだけど、少し眉を下げた彼の表情がまぶたに浮かぶようだ。

前のページ

/4