二人だけの時間が流れる海の家―思い切って重ねた唇から始まる夏の記憶 (ページ1)


「千星ちゃん、焼きそば三つあがったよ」

「はーい」

潮風と焼きそばの匂い。

それがわたしの、一番新しい夏の記憶。



「利人さん、パラソルのレンタル手続きしてきます」

「おう。よろしく」


遠い親戚の利人さんが経営する海の家は、ウッドデッキと二階席があるカフェ風のお店だ。


オシャレだから働いていても楽しい。

何より、利人さんの側にいられるのがうれしい。

日に焼けた肌に無精ひげという見た目なのに、すごく優しい利人さんにわたしは片想いをしている。


「今日はなんだか暇ですね」


平日の昼間とはいえ、いつもならお客さんが途切れない時間帯。

だけど、利人さんとお喋りする余裕があるくらい、お客さんがいない。


「あー。今日からあっちの水着カフェがオープンしてるからだろう」

「水着カフェ?」

「店員が全員水着のカフェ。女の子は可愛いし、男はイケメンだってさ」

「そうなんだ…」


そんなお店にうちが負けるなんて、なんだか悔しい。


「わたし、呼び込みしてくる!ちょうど、下は水着だし」

「いやいやいや。だめだって」

Tシャツと短パンを脱いで、ビキニ姿でビーチに向かおうとしたわたしを利人さんが止めた。


「そんなカッコで呼び込みとか、ナンパされるのがオチだから」

「でも…」

「大丈夫。明日になれば客足は戻るよ」


ね?と言って、利人さんはわたしの頭をポンポンと撫でる。

それだけのことなのに、胸の奥がぎゅっとなって、ほわんとした。