稼げるバイトの面接は、いやらしくて甘い蜜の味。 (ページ1)

どうしよう。どうしよう。どうしよう。
先月買い物をしすぎてしまった。
ほとんどすっからかんの通帳を見て、途方に暮れる。
ベッドの横には、ショップバッグが散らかったまま。
このままじゃ、クレジットカードの支払いができない。

――もう、これしかない!

スマホの画面には、アルバイト情報が広げっぱなし。
手っ取り早く稼ぐ方法を探していたら、当たり前のように、キャバクラに行き着いてしまった。

「みらいちゃんだね。歳は……ハタチ。スリーサイズは?男性経験は……」

この店のオーナーだという男は、北山と名乗った。
静かで淡々としているけど、有無を言わさない口調。
スーツを着崩しているのは、まだ開店する前だからだ。

仕方がない。女を売る商売なんだもの。
スリーサイズも、男性経験も、馬鹿正直に口にした。
胸はEカップだから、きっと大きい方。
男性経験は人並みに。別に評価には関係がないはず。

いくつかの質問の後、北山は私に、立つように促した。

身体のラインが出る服を着てくるように。
そう指示があったから、大きく胸元の開いた、ミニ丈のニットワンピだ。
少し茶色い髪を巻いて、メイクも濃い目にして、派手に見えるようにしてきたつもりなんだけど。

しばらくの間、北山は私の顔を、身体を、舐め回すように眺めていた。

「じゃあ、隣に座って。研修を始めよう」
「あ、はい!失礼します」

高そうなソファ。今までは向かい合わせて話していた、北山の隣に腰を掛ける。
ソファに座るなり引っ張られる手。その手を膝に乗せさせられて。

「そんなに緊張しないで。俺をお客様だと思って接客するんだよ」

肩を抱き寄せられる。ふたりの手は重なったまま。心臓が早鐘を打った。

「こんな風に触ってくるお客様も、いらっしゃるから」

肩を撫でていた手が、ゆっくりとニットの下に差し入れられる。
指先が鎖骨を辿り、胸元へ降りていく。

「ちょ、ちょっと……待ってください!」
「お客様にそんな言い方は良くない。きちんと研修をしないとね。ほら、みらいちゃんも、もっと積極的にコミュニケーションを取らないと」

女の子に対して、どこまでが許されて、どこからがやりすぎなのか。
私には全く分からない。
大きな手が服の中でうごめき、胸の膨らみを包み込む。

――嫌だ。
そう思っても、逆らうことができない。
今日も体験としての給料が出ていると考えると、言いなりになるしかなかった。

こんな事務所の一室で、男の人に胸を揉まれている。
お客様と楽しく話をして稼げるって、求人広告には書いてあったのに。
漏れそうになる声も耐えて、熱い顔を俯かせて。
身体が勝手に震えるのを、止めることができない。

「お客様の膝をもっと撫でて。内腿を何度も撫でてあげないと。……そうそう、上手だ」

北山の手は私の胸を揉みしだいている。
ブラジャーなんてとっくに外されて、服の中で、頼りなくぶら下がっているだけ。
好き勝手に動く指先に乳首をつままれて、

「んっ……!ぁ、やぁ……!」

信じられないくらい、甘い声が出てしまう。

「膝に乗って。お客様を喜ばせてあげないとね。で、指名してくださいっておねだりしてごらん」

今日はニットワンピだ。脚を開くと、どうしてもずり上がってしまう。
だけど、仕事だから。研修だから。逆らうことは許されない。
下着が見えないように裾を引っ張りながら、北山の膝を跨いだ。
さっきよりもずっと近い、抱っこのような恰好の、向かい合わせ。
腰を引き寄せられて、熱くて固い股間に触れる。

下着の中で、じゅく、と音がした。

前のページ

/2