自分に自信がなかった私が、憧れのあの人とまさかの関係に。彼の意外な姿に我を忘れ… (ページ1)

 健一は、背が高く、仕事はできるし、スマートな振る舞いで女性社員からは人気の的だった。

対して七海は、ぽっちゃり体型で自分に自信がない新入社員。

その体型でからかわれることも多かった。

 健一は、数年間、海外出張をしていたが、今年から本社勤務に戻ることになった。

今日は、健一の帰国祝い。

健一と一緒にいられることは嬉しかったが、お酒の弱い七海にとって飲み会はあまり好きな場所ではない。

 ほんの少し飲んだだけでフラフラになった七海は、隅の方で一人座っていた。

「七海さん、大丈夫?」

目の前には、さっきまで女性たちに囲まれていた憧れの健一がいた。

「あ…大丈夫です。すみません…」

「無理しないでいいから座ってて。今日はありがとうね」

七海は、ボーっとした状態で健一を見つめる。

(やっぱりかっこいいな)

そう思いながら健一を見つめるものの、酔いが回ってまともに話せない。

 帰国祝いも終盤に差し掛かり、タクシーを呼ぶことになった。

「七海さんうち近かったよね?送るよ」

「そんな…申し訳ないのでいいです」

「そんな状態なのに、一人で帰すわけにもいかないよ」

二人は、一緒にタクシーに乗った。

七海にとっては夢のような時間だったが、とにかく酔いが回って仕方がない。   

そのうちにタクシーで眠ってしまった。

「起きた?」

目が覚めると、そこは健一のマンションだった。

「え?部長。あれっ?わたし…」

「覚えてないんだね」

七海は思わず自分を確認する。

服はちゃんと着ていた。

「七海さん、もう我慢できないよ」

健一は、そっと七海を抱きしめる。

「七海さん、すごいタイプなんだよね」

「そんな…私なんか…こんな太ってますし」

「かわいいよ」

七海を抱きしめていた健一の腕は、ゆっくりと背中を伝い、七海のおしりに触れた。

「きゃー。ちょ…ちょっと待ってください」

七海は、今までに彼氏ができたことがなかった。

「もしかして、経験ないかな」

「はい…だから、あの…」

健一はやさしく七海の髪に触れた。

そっと髪を撫でおろし、やさしく抱きしめたまま耳を愛撫し始める。

「ひゃー」

「大丈夫。やさしくするから、力を抜いて」

夢か現実かわからなくなっている七海。夢なら覚めないでほしい…。

そう思いながら、徐々に健一に身を委ねた。

「ベッドに横になってごらん」

七海を横たわらせ、そっとキスをし始める。健一の手は、やさしく七海の胸を包み込んだ。

前のページ

/2