片思いの相手と始めた、いけない遊び。どちらが先にイクか勝負していたけれど彼の責めは過激で… (ページ1)

「んっ…ああ、はあ…」


ぴちょぴちょと彼の舌の音が狭い部屋の中に響く。


私はベッドに仰向けになっていた。


両脚を開いたあられもない姿で、あそこを彼の前に晒している。


すごく恥ずかしいけれど、これは元々私が始めた遊びだ。


「んんっ、んっ…」


気持ちいい。


クリトリスを舌で舐められ、捏ねられ吸われれば、快感が波のように押し寄せてくる。


ジュルジュルジュルッ!!


「ああああああああああ!!」


あそこの中を吸われ、舌を捻じ込まれて中をたっぷり味わい尽くされる。


「はあっ、ああっ、ああああ!!」


このままじゃイッちゃう、イッちゃ…。


「…美雪、なかなか耐えるじゃん」


勇介は私のあそこから顔を離した。


イキそうになっていたところを止められてしまって、もどかしさに思わず腰をくねらせる。


「勇介、私…」


「もしかしてイッた?」


私は慌てて首を横に振った。


「私はまだ負けてないから!」


「先にイッた方が負け、だもんな。負けたらどうするんだっけ?」


「…回転寿司で奢り」


「忘れるなよ」


油断したところを襲われた。


急に顔を両脚の間に埋められて悲鳴を上げてしまう。


「きゃあっ!なんで!?次は私が…」


「まだ時間は残ってる。油断したな」


「あっ、やめて!卑怯よ!いじわる!ああっ、あっ、いやああっ!!」


グチュグチュグチュッ!!


クリトリスを強く吸われながらあそこの中に指を入れられる。


激しく中をかき回されて、もう耐えられるわけがなかった。


「ああああああああああああっ!!」


ビクビクと体を震わせてイッてしまう。


「はあ…ああ…」


「イッたでしょ?今」


私は涙目で弱々しく首を横に振った。


「いや…私、イッてなんかない…」


「本当に?」


「本当に」


「そうか。まだ責めが足りなかったかな」


「え?」


勇介はイッたばかりの私のあそこにまた指を入れた。