寝ている間に視界も自由も奪われ蹂躙される渇望叶う時

寝ている間に視界も自由も奪われ蹂躙される渇望叶う時 イメージ画像

目を醒ました、はずが何も見えない。身じろぎしようにも不自由さばかりが際立ち、疑問が頭を締めた時。耳元で聞き慣れた声がした―。「激しく・・犯されたい・・」どうしようもない快感を与えながらも焦らす彼に、私が望むのはただ一つ…。ミルキー専属作家、るなさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます