milky

子ども扱いしないで。卒業式に抱え続けた想いを…

相手自由夢 官能 あまあま はじめて いじわる 好きな人 笹川よる

子ども扱いしないで。卒業式に抱え続けた想いを… イメージ画像

「久しぶりに家でご飯でも食べようか」最後の制服、スクールバックには卒業証書。とても大変だった時期に、助けてくれた大好きな人。なのに彼はことあるごとに自分のことを「おじさん」というし、私のことを子供扱いしてくる。だから聞くの。「私って、やっぱり…子供っぽいですか?」この一言が2人の関係をガラリと変える―。ミルキー専属作家、笹川よるさんの作品です!

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます