「…もっと激しくしてあげるね」Sな彼に逆らえないMな私

「…もっと激しくしてあげるね」Sな彼に逆らえないMな私 イメージ画像

久しぶりに会う彼を車で迎えに行くと、乗り込んできてすぐに甘い言葉とキスが降ってきた。まだ車内だというのに、キスはどんどん深くなっていって―。「いやらしい乳首だね」「イク時はちゃんと俺の顔みて名前を言うんだよ」ドMな私の、ドSな彼氏。強引でどこか素っ気ない、でも愛に満ちた彼に翻弄されちゃってください!ミルキー専属作家、乃々さんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます