大喧嘩の後の愛おしさが込み上がる仲直りエッチ (ページ1)

賢二と結婚を前提に同居を初めて、半年以上が経つ。

お互い、自分達はラブラブだと感じる反面、ケンカもちょこちょこする。

だけどある日、初めて怒鳴りあいの大ゲンカをしてしまい、賢二が家を出て行ってしまった。私も、その時は頭がヒートアップしていたからか、引き止めることはしなかった。

翌朝、頭が冷えた私は携帯を手に取り、ケンカした際の対処の仕方などを、某掲示板で調べ尽くした。

しかし頭に残ったのは、途中で立ち寄ったブログの記事内容で、そこにはケンカして家を出て行った旦那さんが事故に遭って、二度と帰って来なかったという、心が張り裂け添うな内容だった。

もし、賢二が二度と帰って来なかったら……?

私は、すぐさまメッセージアプリを開き、メッセージを打った。

(昨日はごめんなさい。お願いです。帰って来て下さい)

既読が付いてから数時間後、賢二からメッセージの返信があったが、そこには私が期待していたこととは反対の文章が並んでいた。

(帰ってこいって、何言ってるんですか?
こっちは怒りがおさまりません。
色々解約したり、話したいことがあるので、今から家に行きます)

いつもは優しい彼からの冷たいメッセージ。

解約って、何?私とはもう、居られないってこと……?

色んなことが頭の中で渦巻いて、私はその場で泣き崩れた。

数分後、帰ってきた賢二。

その顔は、冷めきった表情で、私は怖くなって身体が震えてしまった。

「話だけど、沙樹はもう俺とは居たくない?
ケンカの時、怒鳴りながら思い出のぬいぐるみとか踏みつけてたのを見て、今までの沙樹との思い出が踏みにじられた気分になったよ」

「ごめんなさい。
あの時は私も腹が立ってて……今日、たくさん反省したよ。
だから帰って来てって、連絡したの……ッ、
私は賢二と……グスッ、ずっと一緒に、いたいよぉ……」

我慢していたけど堪えきれなかった涙が溢れ出て、一番伝えたかった言葉が情けない声量と共に漏れた。

そんな私を、賢二はいつものように優しく抱き締めてくれた。

「うん。もう、終わりにしよう。
そんなに泣かれちゃ、怒れないよ……。
ごめんね沙樹。
俺も沙樹と、ずっと一緒にいたい」

「うぅっ……賢二、ごめんね。
ごめんね……っ」

私の泣きじゃくりが止むまで、賢二は強く抱き締め、優しく頭を撫でてくれた。

「落ち着いた?」

「ん……」

「一日離れてただけなのに、沙樹に触ったの久しぶりな気がする……。
ごめん、沙樹。
今、すっごい沙樹のこと、独り占めしたい」

そう言って賢二は、私を膝の上に乗せて抱き締めた。

彼の股間に、私の膝が当たった。
そこはもう、はち切れんばかりに膨れ上がっていた。

「うん、いいよ……。
私を独り占めして下さい」

そう告げた矢先、私の唇に賢二の温かい唇が、重なっていた。

前のページ

/3