年下ホストにエレベーターで切なく獰猛な告白をされて…見えなかった両想い

年下ホストにエレベーターで切なく獰猛な告白をされて…見えなかった両想い イメージ画像

彼に癒やしてもらうため。それ以上の理由なんてきっとない。なのに、どうして曇った顔をしているの?「もう、俺のとこには来ないで」「先に帰ってて。絶対だよ」突き放したかと思えば、必死になってぶつかってくる。そんな彼とベッドに入れば…?くすぐったいような、心の底から深く満たされるようなエッチにトキメいちゃってください(*ノエノ)ミルキー専属作家、汐さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます