ほんの少しだけくせになる、絶対に起きられちゃう私と彼だけの秘密の目覚まし (ページ1)

明け方に目が覚めて、隣に誰かがいることに気づく。

当たり前のことなのに、まだ慣れない。

ああ、そうだった。

私、結婚したんだった。

まだ寝ているユウキを起こさないように、できるだけ静かに身体を寄せる。

外でデートしていたときのように香水の匂いはしなくて、代わりに洗濯物とシャンプーの匂いがする。

そーっと背中に顔をうずめて、すぅっと小さく深呼吸をした。

この人がいる日常がそのうち意識しなくても普通になるのかしら。

不意に手が引っ張られた。

え?

「早いね、アユミ」

「ごめんね、起こしちゃった?」

「背中が急に暖かくなったから」

くっついたんだから、バレるに決まってる。

「でも、せっかく起きたんだし」

なんだか、ほんのちょっと、嫌な予感がする……。

さっきと同じように、腕をまた引っ張られた。

私は、ユウキの上に覆いかぶさるように倒れこむ。

「くっつくんならこうじゃないと♪」

私がびっくりしているのをいいことに、ユウキの手は遠慮なく体中を撫でる。

首すじ、肩から胸、背中へ回ってお尻のあたりまでダラダラとただ撫でられている。

「気持ちいい?どこ触ってほしい?」

お腹の下のあたりに、ゴツゴツした感触が伝わってくる。

「オレはもう準備できてるんだけどなあ」

そう囁きながら、だんだん腰の周りばかりを触ってくる。

触られるの、気持ちいい。

好きな人の手で安心するような、逆にちょっとドキドキするような気持ちが混ざる。

ユウキの手は少しひんやりとしていたのに、私の熱が伝わってあっという間にぬるくなる。

身体が熱くなっているのは、くっついているから?

それとも別の理由?

パジャマの隙間から手が入ってくる。

どうしよう、直接触られちゃう。

濡れてるのがわかっちゃったら、恥ずかしい。

私の腰を左腕で強く抱きしめながら、右手の指先はお尻の方からゆっくりと足の間へ滑り落ちていく。

前のページ

/2