恋人以外の男性にキスマークを付けられてしまった私。恋人は激しい嫉妬と独占欲を露わにして…。 (ページ2)

「由香里さーん」

 私が会社で唯一親しくしている女の子の声がした。
 後輩がさっと体を離した。

「休憩中すみませーん。課長が由香里さんにやってもらいたい、急ぎの仕事があるって言ってまーす」

 その子は、後輩の姿を見て、ちょっと変な顔をしたけれど、さっさと立ち去った。
 彼女の後を追うように、私もその場を後にした。

 その日の夜、帰宅した私は、鏡を見ながら憂鬱になっていた。

 どうしよう…。
 これじゃ、聡に会えない…。
 よりによって、今週の土曜日に約束しているのに…。

 会えば、ラブホテルへ連れて行かれるのは、目に見えている。
 赤い跡を何か所も付けたあの後輩を、苦々しい思いで思い返しながら、私は溜め息をつくしかないのだった。

 結局、出勤するのと変わらない、ハイネックのサマーセーターで、仕方なく出かけた。
 お昼前に、コーヒーショップで会った聡は、早々とアイスコーヒーを飲み干して、さっさと立ち上がった。

 聡は何かを勘違いしたようだ。愛咬の跡を付けてもいいのだと。
 しばらく会えなかったから、きっと相当溜まっているに違いない。

「ほら、行くぞ」

 私の手首を軽く掴んで、聡は椅子から立たせようとする。

「ま…待って…」
「どうした?」

 不思議そうに、聡は立ち止まる。

「えっと…今日は…あの日だから…」

 彼は変な顔をした。

「そんなはずないだろ。先週くらいには、終わってるはずだ」

 さすが長い付き合い、そこまで覚えられている。
 聡は、何かを察したようだ。

「…どうして、そんな見え透いた嘘をつく?」
「えっと…あの…」

 私はうろたえてしまう。
 怒ったような表情で、聡は私を強引に席から立たせると、引っ張るようにして、ラブホテルへと連れ込んだ。

 シャワーを浴びる時間すらもらえずに、サマーセーターを脱がされる。
 薄れてはいたけれど、私の首元を見た聡は、怖いほどぴりぴりしている。

「…思った通りだ。由香里、浮気したのか」
「そんなことしてない!」

 力いっぱい否定したけれど、彼は表情を和らげてくれない。

「説明してくれ」

 事情を聞いてくれただけ、まだよかった。
 別れ話にならなくてよかったと思いながら、後輩のことを正直に話した。
 性行為に及んでいないことは、あの日私を呼びに来た女の子に、確かめてくれていいと言った。

「…由香里が悪いわけじゃなかったんだな。疑ってすまなかった」

 聡は、普段から怒鳴ったりするような人じゃない。
 でも、すまなかったと静かに言う、低いその声には、怒り…ではなく、激しい嫉妬が感じ取られた。

「もう怒らないから」

 そう言って、聡が腕を広げたので、私は素直に抱かれる。
 瞬時に、彼の唇が派手に音を立てる。

「ああ…」

 久し振りに感じる、恋人の唇。
 首筋を、私の性感帯にした人。
 やっぱり彼でなければ、私は体の芯から感じることは出来ない。

 散々首筋に吸い付かれ、私がその快感に酔っていると、右側に急に痛みが走った。
 びっくりするほどの痛みだった。