意地悪で冷たい欲望しか感じられなくとも自ら囚われる快楽の練習

意地悪で冷たい欲望しか感じられなくとも自ら囚われる快楽の練習 イメージ画像

患者用の椅子に腰掛けながら、先生は視線だけで私の行動を促す。苦手ながらもゆっくりと先生にまたがり、震える手で顔を固定しながら―。「何度練習したら、うまくなるの?」「誰が、先にイっていいって言ったの?」そこに優しさなんてものは微塵もない…。思わず「惚れたら負け」という言葉が脳裏に浮かぶ、切なくも情欲的な大人の官能小説。ロングヒット作品数更新中の大人気ミルキー専属作家、wataさんの作品です.+゜

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます