「まだ、いけるでしょう?」優しく柔らかな執事の淫らで鬼畜なお仕置き

「まだ、いけるでしょう?」優しく柔らかな執事の淫らで鬼畜なお仕置き イメージ画像

月に一度の自分へのご褒美。繁華街の路地裏にある執事喫茶。ここには私のストレスや疲れを吹き飛ばしてくれる彼がいる―。「今日は何回、イってしまうのか楽しみです」丁寧な言葉づかいとは裏腹な腰使いに、残酷なほどの絶頂へ導かれちゃってください(><//)ミルキー専属作家、汐さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます