厳しくも愛情あるシェフに激しく貪られる調理台の上の子羊 (ページ1)


「千星、アミューズできたか」
「できました!」

厨房には色んな音が溢れている。
まな板の上で野菜を切る音、フライパンの中で魚をポワレにする音、ボウルのソースをかき混ぜる音。

「遅いんだよ。もっと、手際よくやれ!」

そして、シェフの怒鳴り声。

「すみません!」

「丁寧な仕事と、ちんたらする仕事は違うんだぞ!」

「はい!」

フレンチに魅せられてシェフを志したことは後悔していない。

だけど、味で修業先を選んだことは少しだけ後悔している。

「千星、ヴィヤンドの盛り付け、手伝え」
「はい!」

シェフの利人さんが作る料理は、恐ろしいほどに美味しい。

温かく繊細で、優しい味がする。
本人とは正反対。
わたしは毎日、利人さんに怒鳴られながら仕事をしている。

「ソースが等間隔じゃねぇ!やり直せ!」

「はい!」

「お前は緊張し過ぎなんだよ。もっと、料理を楽しめ」

すごく厳しい指導。
だけど、辞めたいと思わないのは、利人さんの言葉のどこかに愛情を感じるから。

前のページ

/9